グイドマッジ

ヒール高の高級革靴を履く、
爽快な気分を堪能してください

「見た目がカッコ悪い」「履き心地が悪い」「好みのデザインがない」などの理由で、これまでのヒールアップシューズに満足できなかった方や、ヒールアップシューズを履くことに抵抗があった方などに是非、履いてほしい。それがグイドマッジです。

洗練されたデザイン、最上級本革(フルグレインレザー)の高級感、快適な履き心地、そして、ヒール高の靴であるとバレない。グイドマッジを履けば、これまで味わうことのできなかった優雅な気分を味わうことができます。

リピート率90%超、世界100ヵ国以上で愛されるブランド

グイドマッジは、最高級本革とハンドメイドにこだわったイタリアのヒールアップシューズ専門ブランドです。
フォーマル、ビジネス、カジュアルに至るまで、常時300モデル以上のラインナップを取り揃えています。

そのデザイン性は、世界最大級の靴の展示会 MICAM(ミカム)、
同じく世界最大級の見本市 PittiUomo(ピッティ・ウォモ)で高い評価を得ています。

高級革靴製造で100年の歴史をもつグイドマッジは、2012年にヒールアップシューズ第一号の販売を開始して以来、
イタリアのみならず、アメリカ・カナダ・ヨーロッパを中心に世界100ヵ国以上での販売実績を誇るまでに成長。
リピート率90%超という実績は、世界中のお洒落な紳士たちに支持されている証です。

すべての商品はこちら

美しさ、手触り、耐久性、すべてが最上級の
フルグレインレザー

天然本革には3つのランクがあります。加工や塗装により強度や外観を安定させた「ジェニュインレザー(低級)」、天然皮革の欠陥部分を磨いたり、外観をきめ細かく見せるためにスムース加工された「トップグレインレザー(中~上級)」、そしてグイドマッジのシューズに使われている「フルグレインレザー(最上級)」です。フルグレインレザーは表面加工をせずとも美しい贅沢な部位、体毛を取り除いただけの天然皮革です。

フルグレインレザーは頑丈な耐久性と、表面の柔らかな風合いを合わせ持っているのが特徴で、その美しさは一目瞭然です。1足10万円以上で売られているシューズでも、フルグレインレザーを採用しているメーカーは決して多くはありません。

※グイドマッジのモデルはすべてがフルグレインレザーとは限りません。エナメルレザー、スエードレザー、ヌバックレザーなどの加工レザーや、カーフレザーなどを使用したモデルも多数取り扱っていますが、いずれも高品質な素材をベースとしています。

すべての商品はこちら

5年、10年と履き育てることのできる
「頑丈なつくり」

グイドマッジは1900年代初頭の創業以来「ハンドメイド」を守り続けています。アルディジャーノと呼ばれる美的感覚を備えたイタリアの職人が一つ一つ手作業で製作するので、注文を受けてからお届けまで約2〜3週間の納期をいただいています。

手作業だからこそ、靴のディテールに至るまで精巧に作られ、機械生産では決して成し得ない「頑丈さ」と「個性」を生み出すことができます。グイドマッジの靴を手に取ることで、5年、10年と大切に履き育ててほしい、職人たちの想いを感じていただけるはずです。

グイドマッジの靴職人【アルディジャーノ】

Luigi Metafuni – Artigianoルイージ・メタフーニ

12歳の頃、ミシンを使わずに、釘、金づち、靴型、針と糸を使い手作業で靴を仕上げる技術を学ぶ。イギリスとスイスのバリーの靴工房で経験を積んだ後、イタリアに戻り数々の靴製造工場で工員もしくは責任者を経て、グイドマッジの靴職人となる。彼の吊り込み技術は靴職人たちの憧れであり、お手本であるという評価を受けている。

Giovanna Pino – Artigianoジョバンナ・ピーノ

8歳から実家の靴製造業を手伝い始め、靴の縫製を学び始める。10歳で靴職人の工房で働き始め、13歳にして靴製造工場に正式採用される。そこでありとあらゆる靴縫製に関する技術、知識、経験を培った。彼女は靴縫製をすべて手作業で行うことにこだわりを持っている。グイドマッジでは、ミシンではうまく縫製できない工程はすべて彼女がまかなっている。

Carmelo Alfarano – Artigianoカルメロ・アルファラーノ

10歳の頃、両親の靴工房で革の裁断師として働き始める。その後、靴製造の大型工場で働いた。しかし、職人の技術を重要視せず、質より量産を重視するやり方に疑問を抱き、再び手作業で靴を作りたいという意志からグイドマッジに就職。彼は「グイドマッジには古き良き時代の靴製造が未だに存在している」と語る。

Alessandro Melgiovanni – Direttore Fabbricaアレッサンドロ・メルジョバンニ
(グイドマッジ工場長)

地元の靴製造の技術系専門学校に通う傍ら近所の靴工房に出入りし、一枚の革から靴ができあがっていく過程を見る日々を過ごす。学校卒業後は複数の靴工場で靴製造の経験を積む。複数の工場で靴製造の一連の過程を見たことにより、多角的に靴製造の現場を考えることができるようになる。1994年、自らの靴製造工場を旗揚げる。その後、イタリア有名靴メーカー数社の工場長を歴任した後、グイドマッジの工場長に就任。

すべての商品はこちら

ヒール高ならではの「履きにくさ」を
緩和するためのこだわり

1ヒールカウンター/トゥキャップ
長く快適に履けるよう、高品質な素材を使用。
2アッパー
最上級本革フルグレインレザーを贅沢に使用。
3フルソフトレザーライニング
内側には柔らかく丈夫なゴートスキンを使用。
4レザーアウトソール
本革を使用し、地面に接する部分には、革を保護して滑りを防ぐ特殊ラバーを装備。
5中底
本革を使用。
6レザーヒール
本革を使用し、地面に接する部分には、革を保護して滑りを防ぐ特殊ラバーを装備。
7クッショニングシステム(中敷き)
足への負担を軽減する衝撃吸収素材をインクリーザーインソールの上部に装着。
8インクリーザーインソール(中敷き)
特殊素材による絶妙な弾力性により、足への負担をやわらげ、
潰れることなく快適性を維持する効果を発揮します。
※モデルにより仕様は異なります。
グイドマッジのスタンダードなドレスシューズ、カジュアルシューズの仕様例になります。
各モデルの仕様は、各商品ページの記載内容にてご確認ください。

グイドマッジはヒールアップシューズとしての「履きやすさ」にこだわっています。人間工学に基づいて年月をかけて開発した「インクリーザーインソール(イタリア特許取得)」は、絶妙な弾力性により、ヒール高による足への負担をやわらげる効果を発揮します。

また、ヒールアップシューズのソールは徐々に潰れていき高さを失ってしまいがちですが、インクリーザーインソールは、独自開発の革新的な素材により、潰れることなくいつまでも高さを保つことを可能にしています。

さらに、最上級本革フルグレインレザーならではの柔軟性により、履くごとにフルグレインレザーが足に馴染んでいき、快適に長く履き続けることができます。

すべての商品はこちら

サイズ選びについて

イタリアの靴は幅が狭いの?

一般的にイタリア人の足は日本人に比べて甲の幅が狭いといわれていますが、グイドマッジはイタリア国内だけでなく、世界各国に販路を展開しているため、イタリア人だけに向けた靴の設計とはしていません。

グイドマッジの靴は日本で売られている一般的な靴のサイズ感とほとんど変わりありません。足の幅や甲の高さのサイズ感についても標準的です。お客様が普段、購入されているサイズ感覚をもとに、各商品ページのスペック表にある「サイズ感」をご参考ください。

サイズ選びに不安のある方

サイズ選びに悩まれる方は、グイドマッジのコンシェルジュまでお気軽にご相談ください。

横幅と甲の高さについてカスタムオーダーも可能ですが、横幅や甲の高さを変えることで、余計にお客様の足にフィットしなくなる場合もあります。あらかじめご了承ください。

サイズ交換について

万が一、お届けの靴のサイズが合わなかった場合、サイズ交換を承ります。ただし、サイズ交換を承ることができないモデルもありますので、あらかじめご了承ください。

  • サイズ交換はお一人様一足一回限り
  • 外で履かれた場合にはサイズ交換できません
  • 商品お届けから1週間以内にご連絡いただいた場合にのみ承ります
  • キズや汚れなど靴の状態によってはサイズ交換できません
  • カスタムオーダーの製品はサイズ交換できません
  • 特殊レザー(蛇革、馬革、ワニ革など)はサイズ交換できません ※下記一覧を参照

サイズ交換のできないモデル

  • レッチェ
    265,000円(税込)
    GM-A128

  • トラーパニ
    265,000円(税込)
    GM-A176

  • テルメ
    265,000円(税込)
    GM-A177

  • クロトーネ
    165,000円(税込)
    GM-A195

  • チェリニョーラ
    285,000円(税込)
    GM-A202

  • エーコ
    285,000円(税込)
    GM-A284

  • セヴェリーノ
    330,000円(税込)
    GM-A289

  • ジュリオ
    860,000円(税込)
    GM-A290

サイズ交換の流れ

お客様
商品到着後、1週間以内にメールフォームよりご連絡ください。
グイドマッジ ジャパン
「サイズ交換の⼿引き」「専用着払い伝票」を送付します。
お客様
「サイズ交換の手引き」をご確認の上、靴を元の箱に⼊れ「専用着払い伝票」でご返送ください。
送料含めてお客様が負担する費用はございません。
グイドマッジ ジャパン
検品後、新たなサイズでイタリアの靴⼯房へ再発注します。
お客様
2~3週間後、サイズ交換分の靴が到着します。
すべての商品はこちら

ヒールの高さガイド

ヒールの高さとは?

「ヒールの高さ」とは着地面からインソールの最上部までの高さを指しています。一般的な紳士靴のヒールの高さは概ね3cm程度です。例えばヒールの高さ6cmのグイドマッジシューズを履いたら一般的な靴を履いた時よりもさらに3cm高くなるというイメージです。

6cm
歩きやすさを保ちつつ、さり気なく身長アップしたい方。
7cm
歩きやすさと高さのバランスを重視する方。
8cm
歩きやすさを少し犠牲にしても身長アップを優先したい方。
10cm〜
歩きにくくてもとにかく身長アップを優先したい方。

ヒールの高さは「インクリーザーインソール」と「ヒールベース」の厚みを変えることによって設計し、外見上なるべく違和感のないバランスに配慮しています。

ヒール高シューズを初めてご購入される方へ

初心者の方はヒールの高さ6cm~7cmをお奨めします。ヒール高シューズを初めて履くと、多少の歩きにくさや違和感を感じるかもしれませんが、グイドマッジの靴は履き続けることで本革(フルグレインレザー)が足に馴染んでいき、徐々に慣れてその高さが快適になります。

ヒール高シューズを履いていることがバレるのが心配な方へ

ヒールの高さ6cm、7cm、8cmは、外見上はほとんど違和感があるようには見えませんので気付かれることはほぼないと思います。ご安心ください。

ヒールの高さ選びに不安のある方

ヒールの高さ選びに不安のある方は、グイドマッジのコンシェルジュまでお気軽にご相談ください。

カスタムオーダー

グイドマッジではカスタムオーダーも承っています(有料)。内容により対応可否できる範囲があります。
ご希望の方はコンシェルジュ窓口よりお問い合わせください。
※カスタムオーダー商品はサイズ交換を承ることはできません。あらかじめご了承ください。

すべての商品はこちら

グイドマッジの歴史

創業者「グイド・マッジ」

創業者であるグイド・マッジは元々手作りのイタリア製革靴職人集団の親方でした。1954年にグイド・マッジがこの世を去り、職人集団の活動は休止に追い込まれましたが、グイド・マッジのクラフトマンシップを復活させようと同志らが団結。そして、グイド・マッジの靴づくりへの情熱、哲学、技術がこの世に息を吹き返すことになりました。

ヒールアップシューズ専門ブランドの確立

イタリア人モデルとしてアメリカを中心に活動していたエマヌエレ(グイド・マッジのひ孫)は、モデルとしてのキャリアアップを夢見て2007年、母国イタリア・ミラノに拠点を移しました。

エマヌエレ&ジョゼッペ

しかし、彼の小柄な身長が壁となり彼は悩みました。そして、彼は曽祖父グイド・マッジが残した無形遺産の高級靴製造に「背を高く見せる」要素を加えることを父ジョゼッペに提案。それに感銘を受けたジョゼッぺは、最先端の人間工学に基づき2年の開発期間を経て、グイドマッジ製ヒールアップシューズ第一号を発表、インターネットによる販売を開始しました。

すると、グイドマッジの評判は瞬く間に世界中に拡散し、イタリアのみならずアメリカ・カナダ・ヨーロッパを中心に世界100ヵ国以上で販売実績を誇るまでに成長しました。

リピート率90%超という実績が示すように、世界中のお洒落な紳士たちに支持されています。近年、エマヌエレがグイドマッジCEOに就任しました。

エマヌエレ&ジョゼッペ

ITEMS

ABOUT

サイズ選びやヒールの高さ、履き心地などについてのご質問は、
グイドマッジのコンシェルジュにお問い合わせください。